• TOP
  • 事務所案内/プロフィール
  • サービス/実績
  • 新着情報
  • お問い合わせ

新着情報

TOP > 新着情報

新着情報

業務案内、人事労務、社会保険関係の情報をご提供します

改正職安法指針で高プロ適用 厚労省 (2019年5月7日)

厚生労働省は、求人者や事業者などを対象とした職業安定法に基づく改正指針で高度プロフェッショナル制度適用者への労働条件明示を追加している。指針では求職者が高プロ業務に従事するときは、高プロ適用者となる点を明示し、同意することとした。青少年指針(若者雇用促進法に基づく指針)についても同様の改正を行っている。


個人事業主の労災で共済制度を恒久化へ 自民党法案 (2019年4月22日)

労災保険などに加入できない個人事業主らが損害を補塡する共済制度について、恒久的な仕組みにするための議員立法案を自民党厚生労働部会が了承した。ネットで仕事をする「クラウドソーシング」など、労災保険に入れない働き手の増加に対応するのがねらい。他党の参加も呼びかけ、国会提出を目指す。


違法残業5割超のトラック業へ指導 東京労働局 (2019年4月16日)

東京労働局は、平成30年に実施した貨物運送業に対する指導結果を取りまとめた。半数を超える事業場で、労働基準法違反が発覚している。


コンビニ24時間営業 経産相「店主と共存共栄を」 (2019年4月8日)

コンビニ店主から人手不足で24時間営業が難しいとの声を受け、世耕経産相はコンビニ8社に店主の不満を解消する行動計画を求めた。各社から応じる意向が示されたとして、実施状況もチェックしていく。計画には職員の確保策や店主の処遇、営業時間等の管理、本部と店主の役割分担やサポート体制等を盛り込む。


健康管理手帳の対象業務を追加 厚労省 (2019年4月3日)

厚生労働省は、健康管理手帳の対象業務を追加し、労働安全衛生法施行令および労働安全衛生規則を改正する。手帳はがんや重度の健康障害を生ずる恐れがある業務に従事し、一定の要件を満たす人が離職する際に手帳を交付し、無償で健康診断を実施するもの。染料などの原料に使われる薬剤の製造・取扱業務を手帳の対象業務に追加し、取扱業務に5年以上従事したことを要件とする。