• TOP
  • 事務所案内/プロフィール
  • サービス/実績
  • 新着情報
  • お問い合わせ

新着情報

TOP > 新着情報

新着情報

業務案内、人事労務、社会保険関係の情報をご提供します

一部企業で年休削減の動き 厚労相 (2019年11月11日)

加藤厚労相は、働き方改革により有休5日の時季指定が義務化されたが、一部企業で年休を減らし、そこに時季指定する動きがあることは法改正の趣旨から望ましくないとした。10日以上の年休が付与される労働者には、5日について時季を指定するなどして取得させることが使用者に義務付けられている。


オリンピック工事23人死傷 厚労省 (2019年11月6日)

東京オリンピック・パラリンピックの工事で23人(死亡2人)の死傷災害が発生したことが、厚労省の集計で分かった。集計期間は2016年7月29日〜2019年6月30日で、挟まれ巻き込まれ、墜落転落が多いが、過重労働に伴う精神疾患が原因の自殺も1件あった。


統計改革のガイドライン 厚労省 (2019年10月28日)

厚生労働省は統計調査改革に関する「厚生労働省統計改革ビジョン2019工程表」を公表した。統計調査の誤りなどを是正し、全ての統計が国民の視点に立った内容にすることを目的としている。


平均年間給与 正規男性560万円 国税庁 (2019年10月21日)

国税庁の民間給与実態統計によると、昨年勤務した正規男性従業員の平均年間給与は560万円だった。前年比2.3%増で目立った伸び率を示した。女性も堅調で、正規2.5%増386万円、非正規2.2%増154万円だった。


大企業下請けへの「しわ寄せ」防止を 厚労省 (2019年10月15日)

厚生労働省は働き方改革関連法の説明会を開催し、中小企業に対する「しわ寄せ」対策を説明した。大企業では時間外労働を減らすため、短納期発注や人員派遣を下請けに要請する「しわ寄せ」が問題となっている。政府は下請振興法を改正し、働き方改革に沿った取引を奨励している。